ZBrush体験版 インストール方法

①インストーラはダウンロードしておいてください。

②インストールの前に、Pixologicでアカウントを作成します。

以下のリンクをクリックします。
https://pixologic.com/zbrush/trial/signup.php

「ログインまたは登録してください」をクリックします。

「登録」をクリックします。

必要な情報を入力して、「登録」をクリックしてください。
※メールアドレスは、gmailなどのインターネットブラウザ(ChromeやMicrosoftEdge)で確認できるものにしてください。
※電話番号は空白で構いません。

登録が完了すると、次の画面になります。

各項目を入力して、「ZBRUSHを試す」をクリックします。

次の画面が出れば、登録完了です。
メールを確認しましょう。

以下のようなメールが届いています。
※迷惑メールフォルダに入っている場合がありますので注意。

「Serial Number」 が必要になりますので、このメールは大切に保存してください。

③ZBrush体験版のインストール

ZBrush体験版のインストーラを実行します。

言語は「日本語」を選択してください。

「次へ」

「同意します」にチェックを入れて、「次へ」

インストールディレクトリ:「次へ」

※インストール先は触らない良いです。
 ライセンス認証時に問題が生じる場合があります。

コンポーネントを選択:そのまま「次へ」

インストールの準備完了:「次へ」

インストール中:しばらく待ちます。

ZBrush2020.1.3 セットアップウィザードを終了中:「Zbrush2020.1.3をすぐに起動します。」以外のチェックを外して「終了」をクリック。

通常は、起動して開いたウィンドウにPicologicIDのメールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」すればZBrushが起動しますが、6月4日現在もまだサーバの不具合で、エラーが出ます。

④オフラインアクティベーションの方法

Pixologicサーバーへ接続できずログインが行えませんでしたというエラーが出ますので、

「オフラインアクティベーション」をクリックします。

OKをクリックすると、「request_ZBrush2020_activation.zreq」の保存ウィンドウが出てきます。すぐにアクセスできる適当な場所に保存しておきましょう。

https://register.pixologic.com/act/offline.php をクリックして開きます。

オフラインでのアクティベーション:登録したメールアドレスとパスワードを入力して、「ファイルを選択」→先ほど保存した「request_ZBrush2020_activation.zreq」を選択します。

「アクティベーションを開始する」をクリックします。

アクティベーション:「選択」をクリックします。

”PCの説明(自分でわかる名前)”を記入して「送信」

「クリックしてダウンロード」ボタンをクリックし、アクティベーションファイル「install_ZBrush-202000_license.zact」を保存します。

再びZBrush2020.1.3を起動します。

「アクティベーションファイルをインポート」をクリックして先ほど保存したファイルを選びます。

「トライアルを継続」をクリックするとZBrush体験版が起動します。

ZBrush体験版:2回目起動時のアクティベーションについて

こちらの方法でインストールしたZBrush体験版を一度終了してしまった場合。

次に起動するときは、以下の手順でもう一度アクティベーションしてください。

①アクティベーションを解除します。

起動すると以下のようなエラーが出ます。

「キャンセル」してZBrushを終了します。

ZBrushのアイコンを右クリック→「ファイルの場所を開く」を選びます。

ZBrushのインストール場所が開くので、同じ場所にある「Pixologic License Manager」を実行します。
※Macの場合は:ファインダーの「アプリケーション」→「Zbrush」の中にあります。

インストールしたZBrush2020を選択して、「Deactivate」をクリックします。

「OK」をクリック

「Offline Deactivation」をクリックします。

「OK」をクリックして、オフライン用の「Deactivation」ファイルを保存します。
→ deactivation ZBrush.zdeact

「OK」をクリックすると登録が解除(Deactivate)されます。

「Quit」でLisence Managerを終了します。

②再びオフラインアクティベーションを実行します。

ZBrushを起動します。

Pixologicサーバーへ接続できずログインが行えませんでしたというエラーが出ますので、

「オフラインアクティベーション」をクリックします。

OKをクリックすると、「request_ZBrush2020_activation.zreq」の保存ウィンドウが出てきます。すぐにアクセスできる適当な場所に保存しておきましょう。

https://register.pixologic.com/act/offline.php をクリックして開きます。

オフラインでのアクティベーション:登録したメールアドレスとパスワードを入力して、「ファイルを選択」→先ほど保存した「request_ZBrush2020_activation.zreq」を選択します。

「アクティベーションを開始する」をクリックします。

アクティベーション:「選択」をクリックします。

”PCの説明(自分でわかる名前)”を記入して「送信」

「クリックしてダウンロード」ボタンをクリックし、アクティベーションファイル「install_ZBrush-202000_license.zact」を保存します。

再びZBrush2020.1.3を起動します。

「アクティベーションファイルをインポート」をクリックして先ほど保存したファイルを選びます。

「トライアルを継続」をクリックするとZBrush体験版が起動します。

【ZBrush講座(顔あるいは胸像造形)】2019.12.21 内容紹介・申し込み(終了しました)

ZBrush講座2019.12.21

ZBrush講座2019.12.21

【ZBrush講座(顔あるいは胸像造形)】
日時 :12月21日
13:00~17:00

講師:松本文浩(PuniNUKO)
場所:大阪デザイナー専門学校6F
参加費 : 4,000円
持ち物 :筆記用具

定員10名程度
※定員に加えて大阪デザイナー専門学校の学生も参加になります。
※ペンタブは学校のものをお借りする予定です。
※ZBrushのバージョンは2019.1.2、2020の両方使える環境です。

 

内容
ZBrushは一通り使えるけど、いまひとつ顔の造形がうまくいかないという人向け。

お品書き
・誰でも作れる顔造形手順
・リアルな顔とデフォルメ調の顔の違い
など

PC(Win)やソフトは学校のものを使っていただきます。
ひとまずこちらで用意した頭部画像の造形を進めますが、作りたい人物がいる場合は、頭部画像をUSBメモリなどに入れてお持ちください。

以下のフォームよりお申し込みください。

 

【ZBrush講座(基礎※予定)】2019.10.5 内容紹介・申し込み(締め切りました)

告知2019.10.5

【ZBrush講座(基礎)※予定】
日時 :10月5日
10:00~12:00、13:00~18:00

講師:松本文浩(PuniNUKO)
場所:大阪デザイナー専門学校6F
参加費 : 8,000円
持ち物 :筆記用具

定員10~15名
※定員に加えて大阪デザイナー専門学校の学生も参加になります。
※ペンタブは学校のものをお借りする予定です。
※ZBrushのバージョンは2019.1.2です。

対象 : Zbrushをはじめて使う人、ちょっと触れるけどもっとがっつり触りたいという人

内容
インターフェースとか小難しいことは後でいいからとりあえず、なんか作りたい!
というストレスを解消する講座 + 次へのステップ応用編も頑張ってやりましょうね。

お品書き
・マスコットの作成、顔の作成 + 人体造形の作成方法やポージングなど
・造形に必要な最低限の基本機能 + 難しいけど知っておくと便利な機能
・インターフェイスのカスタマイズ

というところを予定しております。
PC(Win)やソフトは学校のものを使っていただきます。テキストも用意します。
また、人物頭部作成の際にこちらで課題を用意しておりますが、作りたい人物がいる場合は、その人物の頭部画像をUSBメモリなどに入れてお持ちください。
いつもあまりできないのですが、後半はデジタル原型の話やゲーム・映像での使い方など、次のステップへ繋がる話もできればなーと思います。

Gizmo3D(ギズモ3D)、LiveBoolean(ライブブーリアン)、Zremesher(Zリメッシャー)、服の作り方基礎、模様の彫り方など、次のステップへのテキストも配布します。

以下のフォームよりお申し込みください。(締め切りました)

 

Zbrush脱初級講座【内容紹介・申込受付】(終了いたしました)

header
【ZBrush脱初級講座】
日時 :10月14日
10:00~12:00、13:00~18:00(18:20完全撤収)

講師:松本文浩(PuniNUKO)
場所:バンタンゲームアカデミー 大阪校3F
参加費 : 10,000円
持ち物 : ペンタブレット(Wacom Intuos系推奨)、筆記用具

定員13名〜15名で締め切ります。
※定員に加えてバンタンゲームアカデミー大阪の学生も10名程度参加になります。
※ペンタブをお持ちでない方はこちらで数台ご用意できますので、早めに申告いただければ優先で確保できます。
※ZBrushのバージョンは4R8です。

対象 : Zbrushの基本操作を理解している方。次のステップに進みたい方。

内容
ZBrushの基本操作は覚えた方、次のステップへの進みたい方のための内容です。

以下のお品書きにある機能を具体的にモデルを触りながら説明したいと思います。

キャラクター制作において、必要な機能を具体例をあげて説明します。

髪の毛や服、ポージングについて細かく説明できればいいですねぇ。

たくさん質問してくださいねー

「お品書き(予定)」

・基本機能の復習

・サブツールメニューについて(モディファイトポロジーでよく使う機能)

・ポリグループやマスクの活用法

・ライブブーリアン、ギズモ3D

・様々なブラシの活用法

・サブディビジョンモデルの造り方、活用法
以下の項目は、講座を進めながら必要であれば説明したいと思います。

・Zremesherのコントロール

・服や靴の造り方

・インサートメッシュ、ナノメッシュなどの造り方、使い方

・サーフェスノイズ、UVの活用、表面ディテールの付け方

・その他、質疑応答(3Dプリンタ用データの造り方、Mayaとの連携法、ノーマルマップについてなどでしょうか)

というところを予定しております。
PC(Win)やソフトは学校のものを使っていただきますので、ペンタブレットだけお持ちください。

テキストはデジタル(pdf)での配布になると思います。
以下は以前から開講している初心者講座テキストの目次です。

ご希望の方はデジタルで配布します。

本講座は以下の項目をおおよそ理解できている方を推奨します。

目次1-2目次3-4目次5

 

数日経っても連絡がない場合は以下のメールアドレスにご連絡ください。

mail

ZBrush初心者(基礎)講座2018.9【内容紹介・申込受付】(終了いたしました)

header
【ZBrush初心者(基礎)講座】
日時 :9月9日
10:00~12:00、13:00~18:00

講師:松本文浩(PuniNUKO)
場所:バンタンゲームアカデミー 大阪校3F
参加費 : 8,000円 ※再受講をご希望の方は6,000円で受け付けますが、初参加の方を優先させていただきます。
持ち物 : ペンタブレット(Wacom Intuos系推奨)、筆記用具

定員13名で締め切ります。
※定員に加えてバンタンゲームアカデミー大阪の学生も10名程度参加になります。
※ペンタブをお持ちでない方はこちらで数台ご用意できますので、早めに申告いただければ優先で確保できます。
※ZBrushのバージョンは4R8です。

対象 : Zbrushをはじめて使う人向け

内容
とりあえず、なんか作りたいんや!
インターフェースとか小難しいことは後でいいからこねこねしたいんや!
というストレスを解消する講座

お品書き
・マスコットの作成、顔の作成
(余裕があればベースメッシュからの人体造形、ポージングなども)
・最低限必要な基本機能
・インターフェイスのカスタマイズとリファレンス画像の貼り付け方

というところを予定しております。
PC(Win)やソフトは学校のものを使っていただきますので、ペンタブレットだけお持ちください。テキストも用意します。
また、人物頭部作成の際にこちらで課題を用意しておりますが、作りたい人物がいる場合は、その人物の頭部画像をUSBメモリなどに入れてお持ちください。
参加者の希望もお聞きしつつ、後半はデジタル原型の話やゲーム・映像での使い方など、次のステップへ繋がる話もできればなーと思います。

テキストの一部をご紹介
テキストはVol.5までが基本です。

追加でGizmo3D(ギズモ3D)、LiveBoolean(ライブブーリアン)、Zremesher(Zリメッシャー)などのテキストも配布します。
キャプチャ1 キャプチャ2目次1-2目次3-4目次5

参加希望の方は以下のフォームより送信してください。

 

数日経っても連絡がない場合は以下のメールアドレスにご連絡ください。

mail

ZBrush少人数制講座 8月30日(終了いたしました)

現在、8月30日 10:00〜17:00(1時間休憩)で1名様確定しております。
場所を提供していただけますので、あと3名まで受講していただけます。

Zbrushインストール済みのPCとペンタブレットは持参していただける方で、8月30日10時までに地下鉄鶴見緑地線松屋町駅まで来られる方に限ります。

受講料は30,000円になります。
ZBrushの基本操作から6時間の中でできる限りのことを個別にレクチャーさせていただきます。
書籍等をお持ちいただければその書籍に沿いながら、質問を受けたり新しい機能などの追加説明をすることも可能です。

もちろんこちらで制作したテキストやサンプルデータもできるだけお渡しします。

参加希望の方はこちらのお問合せフォームからお願い致します。

Zbrushの少人数制(1〜3名)講座(終了いたしました)

【アンケート】
突然ですが、Zbrushの少人数制(1〜3名)講座(初級〜中期)を開きたいと思うのですが、受けてみたいという方いらっしゃいますでしょうか。講師は私、松本文浩です。
いつもの講義に比べてほぼマンツーマンなのでかなり密度は濃いのではないかと思います。

丸一日でも半日でも集中して覚えてしまいたい初心者の方や、普段からある程度触っているけれど細かい疑問にあふれている方、などでしょうか。

主にキャラクターモデルでゲームや映像向けの使い方、3Dプリント向けの使い方など、どちらも対応できます。
造形方法ではなくあくまで使い方になるかと思います。
もちろん私でよければ、造形についてもレクチャーしますが。

Zbrush4R7かR8をインストールされているPCをお持ちの方で場所を指定していただければ直接伺います。(わたしはPCを持参します。)
講義料は人数や内容によって異なりますので、お問い合わせ下さい。満足していただけない場合は返金します。
大阪市内であれば交通費は無料で伺います。
それ以外は交通費は別途頂きます。

ご質問はこちらのお問合せフォームからお願い致します。

 

※追加詳細

基本的に場所は準備していただくことになります。
ご自宅、あるいはお持ちのPC等を持ち運びできるならビジネス用のレンタルスペースなどでも構いません
こちらの機材はZBrushのインストールされたPCを持参します。HDMI接続のできるモニタがあれば私の手元の画面をそのモニタに表示することは可能です。
・講義料(お一人の場合)
2パターンございます。
A:1日6時間拘束の場合45,000円になります。
B:1日6時間ですが、その間こちらも他の作業をさせて頂く場合は30,000円になります。
お二人以上の場合はお一人30,000円でAパターンとさせて頂きます。
Aの場合、
内容は改めてご相談させて頂きますが、ZBrushの基本操作から6時間の中でできる限りのことをレクチャーさせていただきます。
制作時間を取らなければ、3Dプリントまでの流れはひととおり説明できるかと思います。
あるいは書籍をお持ちの場合、その書籍に沿いながら、質問を受けたり新しい機能などの追加説明をする流れが分かりやすいかもしれません。
こちらで製作したテキストやサンプルデータもできるだけお渡しします。
Bの場合、
こちらも細かい内容は改めてご相談となりますが、最低限の基本操作はレクチャーさせていただきます。
残った時間はそちらで実作業をしつつ、疑問点が出た時に質問して頂く形式になります。
その間は私の方も他の作業をさせて頂きます。
こちらもテキストやサンプルデータはお渡しします。

映像やゲーム系の場合はMayaとの連携であればレクチャー可能です。

ZBrush初心者講座2017.1【申込受付】(終了いたしました)

header
【ZBrush初心者講座】
日時 :1月29日
10:00~12:00、13:00~18:00 +フリータイム1h程度(造形の続き、質問、相談、懇親会など)

講師:松本文浩(PuniNUKO)
場所:バンタンゲームアカデミー 大阪校3F
参加費 : 8,000円 ※再受講をご希望の方は6,000円で受け付けますが、初参加の方を優先させていただきます。
持ち物 : ペンタブレット(Wacom Intuos系推奨)、筆記用具

定員10名〜13名で締め切ります。
※定員に加えてバンタンゲームアカデミー大阪の学生も10名程度参加になります。
※ペンタブをお持ちでない方はこちらで5台用意できますので、早めに申告いただければ優先で確保できます。

対象 : Zbrushをはじめて使う人向け

内容
とりあえず、なんか作りたいんや!
インターフェースとか小難しいことは後でいいからこねこねしたいんや!
というストレスを解消する講座

お品書き
・球体からダイナメッシュで顔、もしくはマスコットの作成
(余裕があればベースメッシュからの人体造形、ポージングなども)
・サブディビジョンとは
・その他、最低限の基本機能
・インターフェイスのカスタマイズとリファレンス画像の貼り付け方やカメラの使い方

というところを予定しております。
PC(Win)やソフトは学校のものを使っていただきますので、ペンタブレットだけお持ちください。テキストも用意します。
また、人物頭部作成の際にこちらで課題を用意しておりますが、作りたい人物がいる場合は、その人物の頭部画像をUSBメモリなどに入れてお持ちください。
参加者の希望もお聞きしつつ、後半はデジタル原型の話やゲーム・映像での使い方など、次のステップへ繋がる話もできればなーと思います。

参加希望の方は以下のフォームより送信してください。

 

胸像シリーズ「minette(ミネット)」

minette

minette

胸像シリーズの新作「minette(ミネット)」です。

「minette」はフランスで人気の猫の名前です。

2016年11月5,6日の『モデラーズフェスティバル2016』にて「craft spot One-Step」様の物販卓にて価格3,000円で販売開始します。

また、以下のフォームより通販の受付を開始致します。

本体価格3,500円に加えて送料500円が別途必要になります。

代金は銀行振込のみになりますので振込手数料も別途必要です。ご了承ください。

ジャンヌも再販受付してますのでよろしくおねがいします~

※今後、「ジャンヌ」、「ミネット」につきましては「craft spot One-Step」様にて販売をお願いしております。

購入についてのお問合せは「craft spot One-Step」様にお願い致します。2016.11.12